公益財団法人 ヨークベニマル文化教育事業財団

##
  • HOME
  • 財団について
  • 事業プログラム
  • お問い合わせフォーム

HOME > 事業プログラム

事業プログラム


アメリカ・カナダ海外研修派遣事業

1.目的 福島県内公私立高校生を海外に派遣し、ホームステイ等を通じて国際理解を深めるともに、将来国際社会で活躍できる人材の育成を図ることを目的として実施する。
2.主催 公益財団法人ヨークベニマル文化教育事業財団
3.研修参加対象者 研修時に高校2年生または3年生に在学中の者
4.事業概要 (1)派遣期間 毎年7月下旬〜8月下旬 30日間
(2)派遣人員 高校生20名 同行教師2名 計22名
(3)派遣国及び主な訪問都市 アメリカ(シアトル) カナダ(ウィニペグ)
(4)訪問国における研修の概要
(ア)
アメリカ(シアトル)大学キャンパスに宿泊滞在し、語学研修、ボランティア活動、スポーツ活動等を行う
(イ)
カナダ・マ二トバ州の一般家庭にホームステイし、実生活を体験する
(ウ)
訪問国の市民生活、産業、文化、歴史、社会福祉、社会教育、自然環境の実情を体感する
5.同行教師 福島県内高校教師 2名
6.派遣費用 本事業実施のための経費は当財団が負担する

カナダ・マニトバ学生招待交流事業

1.目的 カナダ・マニトバ州において、当財団は1987年以来、マニトバ農務省・4Hクラブの支援を得ながら、県内高校生のホームステイを実施している(アメリカ・カナダ海外研修派遣事業)。双方向の交流こそ国際交流の本来の姿であると考え、より一層の親善関係の強化と相互理解、さらには青少年の国際感覚の育成を目的として実施する。
2.主催 公益財団法人ヨークベニマル文化教育事業財団
3.研修参加対象者 1.カナダ・マニトバ学生 10名
(県内の高校生をホストした家庭の4Hクラブ会員から選出)
2.同行者 2名
4.事業概要 (1)招待期間 7月初旬〜7月中旬。18日間 ※隔年実施
(2)研修概要
 ・一般家庭(福島県内)や派遣生OB・OGの家庭にホームステイし、日本の生活を体験する
 ・県内の高校の授業に参加し、高校生と文化、スポーツ等の交流を図る
 ・日本の市民生活、産業、文化、学校、教育、自然環境等の実情を見聞する

遊びや運動、心のケアを通じて児童の健全な成長を支援する事業(2013年4月1日〜)

1.目的 福島県内の児童を対象に遊びや運動、心のケアを通じて児童の健全な成長を支援する。
2.主催 公益財団法人ヨークベニマル文化教育事業財団
3.事業概要 (1)「郡山市震災後子どものケアプロジェクト(※)」の支援
(※)
郡山市、郡山市教育委員会、郡山医師会を中心に子どもの心のケアを行い、将来を担う子どもたちを守り育てることを目的として設立
(2)育児支援セミナーや育児相談の実施
(3)児童の健全な成長を支援する団体への助成

食育を通じて児童の健全な成長を支援する事業(2013年4月1日〜)

1.目的 福島県内の児童又は青少年を対象に食育を通じて健全な成長を支援する。
2.主催 公益財団法人ヨークベニマル文化教育事業財団
3.事業概要 (1)食育講師による食育授業・セミナーの実施
(2)農業生産地の訪問、親子収穫体験